dotty母のブログ

息子が東大に合格した教育費貧乏にあえぐ母のブログ

40代50代子供のいる主婦の生き方 正社員かパートか専業主婦か

f:id:dottyhaha:20190918143859p:plain

40代50代の方の親世代の女性は専業主婦が圧倒的に多かったですが、今は共働きが専業主婦を超えたと言われています。

共働きと言っても正社員や派遣、パートと勤務形態は様々。
子育て中は専業主婦という方も少なくありません。

子供をどのように育てたいかによって働き方も変わってきます。
自分も含めて子供のいる女性はどのように働くと良いのか良かったのか、考えてみたいと思います。

正社員

〈メリット〉
・雇用が安定している
・ボーナスがある
・退職金がある
・昇進・昇給がある
・福利厚生がある
社会保険に加入できる

〈デメリット〉
長時間労働
・責任の重さ
・退職しにくい
・転勤がある場合も

派遣

〈メリット〉
・時給が高め
・仕事内容がはっきりしている
・有給休暇を取りやすい
・仕事を辞めやすい(契約更新をしなければいいだけ)

〈デメリット〉
・契約を切られやすい
・交通費が支給されない
・ボーナスがない
・スキルがないと仕事を見つけにくい

パート

〈メリット〉
・勤務日数・勤務時間が短め
・責任があまりない仕事内容が多い
・仕事を辞めやすい
・仕事を見つけやすい(高いスキルを求められない)

〈デメリット〉
・時給が低め
・昇給がなかったりあっても低め

専業主婦

〈メリット〉
・時間に余裕がある(これにより、家事・育児に費やせる時間が増えたり自分の時間も取れる)
・仕事のストレスはない

〈デメリット〉
・収入は夫の給料や親からの贈与など全て他人次第
・交友関係が広がらないため視野が狭くなりがち

どの生き方にもメリット・デメリットはある

上記のようにそれぞれの生き方の特徴を簡単にまとめてみましたが、全てが当てはまるとは限りません。
同じ正社員と言っても定時が早い遅い、残業が多い少ない、自宅から遠い近い、親の援助のあるなし、などによって、仕事以外に使える時間が変わってきます。
パートでも責任が重く辞めにくい職場もあるでしょうし、専業主婦でも育児と介護のダブルでストレスだらけの人もいれば趣味三昧で交友関係が広い方もいるでしょう。

はっきり言えるのは、どの生き方を選んだとしてもメリットとデメリットはあるということです。
とすると、自分が子育てにおいて何を優先するかによって選ぶしかありません。

何を優先したいのか

私自身は結婚と同時に関東に引越したこともあり、たった2年で正社員を辞めています。
今では夫の勤務先の近くに異動させてくれる会社もあるようですが当時はそのような制度はなく、周りは結婚して仕事を続けても子供が生まれる前に退職する人がほとんどでした。
子供が生まれる直前まではパート勤務で、下の子が小学1年生までは専業主婦でした。
私自身はこの選択に後悔はありません。

親が近くに住んでいなかったので預ける先もなく、子供が小さい頃はほぼ24時間365日子供達とべったりでしたが、子供の成長をずっと見ていられたことが何よりも代えがたい経験です。
子供はあっという間に大きくなります。
首が座ったと思ったら寝返りやお座りができるようになり、気付いたら立ち上がって歩けるようになり、言葉を喋るようになります。
子供と24時間べったりなのが耐えがたく育休を早目に切り上げて仕事復帰していったママ達も何人かいましたが、この子供がすごいスピードで成長していく期間をずっと一緒に過ごせないのは勿体ないと思いました。

子供がある程度大きくなり週4日働き始めたものの受験期には専業主婦に戻るという選択ができたのも、パートならではのことです。
高校や大学受験では親が勉強には関与できなくなりますが、中学受験は親のサポートなしでは難しいというのが実感です。
長男が6年生の7月まで働きましたが、それでも大変でした。
お弁当作りや勉強のサポートは、夫婦そろってフルタイム勤務では時間の捻出が大変です。
夫婦揃って正社員勤務の知人の中には、子供の中学受験サポートのため奥様が退職されたという人もいます。
私の周りでは、家事を全くやらなくてもいい環境(親が近所に住んでいたり同居していて家事をやってくれる)という方や夫婦どちらかが早めに帰宅できるという環境である方を除いて、夫婦揃ってフルタイム勤務で子供の中学受験が上手くいった人を知りません。
中学受験をしなくても、小学生くらいまでは親が子供の生活全般に関わるべきです。
くたくたになるまで働いて、帰宅すればゆっくりできるどころか家事や子供の勉強を見なければならない生活なんて、想像するだけで目が回りそうで本当に大変だと思います。
子供に関われる時期というのは限られているので、そこで仕事を優先して子育ての時間が削られるのは勿体ないです。

一方、ずっと専業主婦という人も中にはいます。
それはそれで別の意味で勿体ないと思っています。
また私の知人を見ていて思うことなのですが、結婚してから働いたことがない人は割と時間やお金の使い方が上手くないような気がします。
例えば専業主婦の友人と待ち合わせしていると、友人が遅れて来たことがありました。
聞くと“洗濯していて遅れた”とのこと。
ちなみに待ち合わせの時間は11時半でした。
そんな遅い時間に洗濯をすることが衝撃でした。
暇なので、テレビを見ながらダラダラ家事をしているようです。
別の友人の例。
私なら歩くか自転車で移動するような距離をすぐにバスやマイカーで移動します。
子供に受かればどこでもいいという受験をさせるために個別指導塾に入れ、本当に名前を書けば受かるような学校へ進学させました。
ずっと専業主婦でいられるくらいお金持ちなのでこれぐらいどうってことない出費なのでしょうが、私からすると“生きた”お金の使い方をしていないなぁと思ってしまうのです。
結局専業主婦生活が長くなると、時間があるのでどうしてもダラダラしてしまい、自分で苦労して得たお金でないのであまり考えないで簡単にお金を使ってしまう人が多いような気がします。
働けない時期もあるかもしれませんが事情が許せる時期なら、たとえお金に余裕があっても働いた方が時間の使い方やお金の使い方など学ぶことが多いと思います。
専業主婦のままでは出会えないような人達とも出会え、視野が広がります。

この両極端な正社員と専業主婦の間のようなパートの働き方は、子供を最優先したい私にとって最適でした。
子供に全力投入したい時期は働かず、教育費がかかってくるようになると僅かでも家計の足しになるくらいは収入を得ることができています。

問題は、子供達が大学生になってから。
もう子供に時間を取られなくなるので、もっと働こうと思えば働けます。
というか教育費ですっからかんになってしまったので、これからの人生を豊かにするためにも収入を増やしたいのです。

できればフルタイムで働きたい。
ただ、現在の職場で今の時給のままでフルタイムで働いても収入は知れています。
フルタイムで働くなら、転職を考えなくてはなりません。
体力が落ちているのでフルタイムに耐えうるのか心配はあります。
パートでのスキルが通用するのか、色々考えると正社員で雇用されるのは難しいので、派遣という働き方になりそうです。
派遣で仕事が決まったとして、同じ場所では3年しか働き続けられないので長くても3年後にはまた新しい職場で働かなくてはいけません。

そう考えると、子供がいる女性が本当の意味で仕事と子育てを両立するって本当に難しいなぁと改めて思います。
正社員を一度辞めてしまうと、同じ待遇で復帰するというのはほぼできません(医師など資格がある場合は別)。
だから、今の女性は子供が生まれても辞めずに働き続けます。
ただ子供にかけられる時間が減るので、少子化にはなるし受験となると大変。
私のように正社員を辞めてしまって子育て優先の生き方をしても、いざフルタイムで働きたくなった時に壁にぶち当たります。

後悔はしていないけれど、就職する前からもっと職業や自分の生き方をよく考えておけば良かったと思っています。

まとめ

仕事を優先したいなら、子供を生まないか生んでも1人が精一杯という状況が続いています。
ただ、本当の意味で仕事を続けたい人がどれだけいるのか。
もし経済状況が許せば、本当は働かずに子育てに専念したい人もたくさんいると思うのです。
共働きでないと生活がままならなかったり、子育てにお金がかかりすぎるから仕事を続けざるを得ない場合もあるでしょう。

やりがいのある仕事につき、子育て中はセーブし、また働ける状況になったら働く。

これが私の生き方の理想です。
就職氷河期に就職したので希望の仕事に就くことができませんでしたが、子育てを優先した生き方ができたことには満足しています。
これからまだまだ働かなくてはいけないので、少しでもやりたいこと、やりがいのある仕事に近付けたらいいなと思っています。